Archives:

リサイクルを依頼する

欠けてしまった印鑑の印面を削り、平らな状態にした上で新たに文字を彫る、リサイクルサービスが人気を集めています。サービスをおこなっている実店舗が近所にある場合はそこにお願いすればいいのですが、ない場合にはインターネット上で依頼できるところをあたりましょう。

ハンコのリサイクルサービスを業者に依頼する場合、印材は当然変更することは不可能ですが、新たに文字を彫りなおすことが可能ですので、字体や彫刻する文字の変更には対応してくれます。必ずしも欠けるなど使用できない状態になっていなくても、結婚を機に苗字が変わった人が利用するのもよいのではないでしょうか。

なお、印材を削ることで彫刻しなおす形になりますが、状態によって必ずしも希望に添えない場合があるものの、長さはほとんど変わりません。1~2mm程度しか短くならない場合も往々にしてあります。

ただ、注意点として、ハンコの深部にまで朱肉や亀裂が深部にまで入り込んでいる状態だとリサイクルできない場合がありますし、印鑑に使用されている素材によっては再生するのが難しいこともあります。印鑑のリサイクルを利用する場合には、まずは一度自分の印鑑の再生が可能かどうか相談してみるとよいでしょう。