Archives:

市販のリサイクル印鑑

印鑑のリサイクルは、必ずしも手持ちのハンコでなければできないわけではありません。わけありグルメが人気を集めていますが、わけあり印鑑とでもいえるようなものが販売されているのをご存じない人が少なくありません。

ハンコはあらかじめ彫刻したものが販売されているケース、受注後製作したものを販売するケースがありますが、文字の彫刻をしている人間や機械は100%正確に文字を彫れるわけではありません。彫刻を失敗したものはどうなるのかと思った人もいるでしょうが、いまは失敗したハンコの印面を1~2mm削り、新たに文字を彫って販売している業者があるのです。

正規の品物と比べると微妙に短いぐらいで、あとはまったくの新品なのですが、このタイプのリサイクル印鑑はびっくりするような安さで販売されていることが少なくありません。象牙や黒水牛といった高級な印材で知られるものが採用されたハンコが、通常価格の半値以下で売られていることが往々にしてあるのです。

これは高級印鑑を安価で手に入れたいと思っている人にとってありがたい話ではないでしょうか。ほかの人からみてリサイクル印鑑であることがバレる心配もありませんので、実印や銀行印など大事な印鑑はいいものを使いたいと思っている人におすすめです。